独自のフィルターペーパー技術


「コーヒー・エンジョイメント」を追求するメリタは、新商品の開発に積極的に取り組んでいます。メリタの全フィルターペーパーは、スーパーミクロウェイと呼ばれるきめ細かなメッシュにより、余分な雑味を通さず豆の成分
をもれなく引き出すことを可能にしています。

1996年には、ペーパー全体に超微細な「アロマホール(=香りの穴)(※1)」を開けたフィルターペーパー「メリタアロマジック」を新開発。いつもと同じコーヒー豆で、豆の特徴とそのおいしさをいちだんと際
立たせることができるようになりました。この製造方法は、各国で特許を取得しています。

2000年には、ペーパーのシール部分の強度を高める二重シールを採用。最も大切な接合部分が二重になっているので、濡れたあとも破れにくく、フィルターへのフィット感も高まり、より効果的においしいコーヒーを抽出でき
るようになりました。もちろん接着剤はいっさい使用しておりません。

2012年「グルメ」「オリジナル」には、独自の三層構造「スリーアロマゾーン(※2)」を採用しています。 コーヒーのアロマを導き出すアロマホールからさらに進歩した複数の層によるコーヒー抽出。3つの層"スリー アロマゾーン"ではアロマホールまたはS字構造の「アロマプラス(※3)」の数がそれぞれの層で異なります。

上層はアロマホールまたは「アロマプラス(※3)」の数を多くすることで過抽出を防ぎ、バランスの良いフレーバーを抽出します。中層は抽出時間や抽出速度を安定させることで、理想的なアロマを導き出します。 下層はアロマホールまたは「アロマプラス(※3)」の数を少なくすることで、最初の抽出を 調整しアロマを引き出します。

また、「グルメ」に採用した「アロマプラス(※3)」はメリタが開発したS字の特殊な構造によるろ過システムです。アロマプラスはコーヒーアロマ(香り成分)を含むコーヒーオイルを2倍(当社比)抽出します。
これにより、そのコーヒー本来の香りをより豊かに楽しむことができます。

※1 特許取得(特許第3037436号)
※2 特許取得(特許第5339875号)
※3 特許出願中

ラインナップ