メリタ ブランドストーリー

メリタ100年の歩みは、
そのままペーパードリップの歴史です。

現在、コーヒーファンの間では当たり前の存在であるペーパードリップシステム(ろ紙でコーヒー粉をこしてコーヒーを抽出する方式)は、1908年、ドイツの一都市ドレスデンに住むメリタ・ベンツによって考案されました。
当時、家庭でのコーヒー抽出は布や金網によるもので、手間がかかる上に不衛生であったり、粉がカップに入ってしまったりと、「誰でも手軽においしいコーヒー」というわけにはいきませんでした。

ペーパードリップシステムのデモの様子

「もっと手軽においしいコーヒーをいれて、最愛の夫に飲ませてあげたい。」
── 夫を想う深い愛情から、メリタ・ベンツは小さな穴をいくつか開けた真鍮製の容器(後のフィルター)に1枚のろ紙とコーヒー粉をのせ、お湯を注ぐ方法を考え出しました。この方法なら、コーヒー粉がカップに入ることもなく、ゴミ捨ても簡単。しかも余計な雑味をろ紙が吸うので味もおいしくなったのです。これが、世界で最初のペーパー・ドリップシステムの誕生です。

同じ年、このメリタ・ベンツのアイデアだけが資本の会社「M.Benz」が設立されました。アパートの一室に設けられた事務所で、たった4名で生産を営業と行い、小さなストアなどでペーパードリップシステムを紹介していくうちに、評判は瞬く間にドイツ全土に拡がりました。

1912年には本格的な生産を始め、発注に生産が追いつかなくなったメリタは、現在の工場があるドイツ北西の街、ミンデンに移転します。たった一人の女性がはじめたビジネスが、世界規模の会社へと成長をはじめたのです。

メリタ・ベンツ

Amalie Auguste Melitta Bentz
アマリー・アウグスト・メリタ・ベンツ
(1873-1950)

世界初のコーヒーフィルター

メリタ・ベンツが考案した
世界初のコーヒーフィルター。

フィルターの歴史もメリタの歴史。

彼女の情熱は息子のホルスト・ベンツに引き継がれました。もっと使いやすいシステムにならないかと改良に挑んだ彼は、現在のような円錐形で溝の付いたフィルターとペーパーを完成させ、1937年、ドイツで特許を取得します。

ホルスト・ベンツが最初に開発したフィルターの抽出口には8つの穴が開いていました。8つ穴のフィルターでつくるコーヒーの味に満足しなかった彼は、フィルター内でのお湯の流れやコーヒー抽出メカニズムの研究を繰り返し行い、フィルターの形状はもちろん、傾斜角度から溝の数など丹念に検討を重ねて、1960年代に現在の1つ穴フィルターを生み出しました。以来、ペーパードリップシステムの理想型としてメリタに引き継がれています。

世界初のコーヒーフィルター

メリタのコーヒーフィルターは、
おいしさを追求した1つ穴。

ドリップのスピードが一定なので、
だれが抽出しても深い味わいと
豊かなアロマが
お楽しみいただけます。

フィルターペーパーもメリタです。

ペーパー自体も、おいしいコーヒーを抽出するため、そして環境志向へと改良されてきました。1937年に円錐型のフィルターが発表された際に、それまでポットの底に敷いていたために丸い形をしていたペーパーは現在の扇型になります。1997年には、ペーパーに無数の小さな穴を開けて香りをいっそう引き出す「アロマジック」シリーズを発表するなど、積極的に改良に取り組み続け、100年の歳月をかけて、その完成度を高めてきました。