メリタ式抽出方法

誰でもおいしいコーヒーを作れる秘密。
それがメリタならではの、1つ穴です。



メリタの抽出口の歴史

メリタは1908年の創業以来、理想的なコーヒーの抽出のために、フィルターの抽出口に関して、様々な研究を重ねてきました。初期の頃の無数に抽出口があいている茶こしのようなフィルターから、3つ穴、4つ穴のタイプなど、進歩をとげてきた結果、現在のモデルとなる1つ穴のシェイプを完成。この1つ穴が、もっとも理想的なフィルターの方式であることをつきとめ、以来かたくなに守り通してきました。
したがって、現在もメリタのフィルターはすべて1つ穴の方式です。


メリタの「1つ穴」方式。
いつもおいしいコーヒーをつくれる決め手です。

通常のドリップ方式では、注ぎはじめは抽出スピードが速く、終わりの頃は遅くなります。さらに、3つ穴など抽出口が複数ある場合、抽出が終わりに近づくにつれてコーヒーが流れ出る方向が限られてくるので、ますます抽出時間のコントロールが難しくなります。
メリタのフィルターは、抽出口がひとつだけ開いている「1つ穴」方式なので、正確な時間で抽出されるように計算されています。一度に給湯できるので、何回かに分けてお湯を注ぐ必要はありません。

メリタの「1つ穴」フィルターは、理想的なスピードでコーヒーを抽出できるシステムです。豆の量とお湯の温度はコーヒーをつくる人の好みで調整し、湯量と時間はメリタのフィルターがコントロールします。
これで毎回、変わらぬおいしいコーヒーをつくることができます。


流体力学にもとづいて「おいしさ」を追求。
理想的な抽出ができる合理的なカタチです。

a:フィルター角度 b:ミゾの深さ
ともに湯(水)を計算し、理想的なコーヒーの抽出ができるように設計されています。

C:フィルター底のミゾの流れを蛇行させ、
最後の一滴まで、残らず抽出させます。

D:抽出口 メリタフィルターは1つ穴です。


メリタだけの杯数分目盛つき。
フィルターで計れるから、正確です。

フィルターに杯数分の目盛りがついおているので、正確な量が抽出できます。
フィルターペーパーを透かして目盛り読むことができるので、抽出するコーヒーの量が正確に計れます。基準がはっきりしているので、抽出量が自然と決まってきます。いつも正確な量のコーヒーをつくることができるのが、メリタのフィルターです。
(適応商品:コーヒーフィルター SF-M 1×2、SF-M 1×4/アロマフィルター AF-M1×2、AF-M 1×4)


メリタの家庭用コーヒーフィルター

コーヒーの抽出には、理想的な「間」があり、その理想を追求してたどりついたのが、メリタの一つ穴フィルターです。内側に刻まれたミゾが、お湯の流れをコントロール。
コーヒーを濡らしたあと、必要な杯数分のお湯を一度に注ぐだけで、ベストな味と香りを引き出します。また、アロマフィルターは内側で穴の位置が少し高くなっており、より効率的においしさを引き出せるのが魅力。
機能性の高いメリタコーヒーフィルターなら、コーヒー本来のおいしさがお楽しみいただけます。