コーヒーミル・グラインダーの選び方 コーヒー専門メーカーとして、コーヒーミル・グラインダーの選び方を紹介したいと思います。ぜひ自分に合ったコーヒーミル・グラインダーを見つけてください!

最近コンビニでも挽きたてのコーヒーが飲めるようになり、「挽きたてのコーヒー=おいしい」となりつつあります。しかしメーカー担当者としては、それ以上にコーヒーを挽くという作業はコーヒーを楽しむ作業であることをお伝えしたいです。

コーヒーミル・グラインダーをオススメする理由

コーヒーは4回楽しむことができる

業界で言われる言葉で「1回目は焙煎時、2回目は挽くとき、3回目は淹れるとき、4回目は飲んだ際に鼻から抜けるアロマを感じた時」というものがあります。

この言葉からわかるようにコーヒーの楽しみの醍醐味は「香り=アロマ」であり、アロマを感じることが味わいにも大きく影響を与えるため、「挽きたてのコーヒー=おいしい」となっていると思います。挽くことをせずに、ただ飲むだけですと、4つのうち1つしか体験していないのです。

コーヒー(アロマ)の楽しみ

コーヒー豆を挽いている人の方が幸せを感じている!
コーヒーミル所有者は「飲む時」と同様に「淹れる時」も楽しんでいる

メリタでコーヒーミル所有者と非所有者に対してアンケートを実施したところ、コーヒーミル所有者はコーヒーを飲んでいるときと同様に、コーヒーを挽いているときや淹れているときも楽しんでいるというデータが出ました。さらに所有者のほうが非所有者よりコーヒータイムの幸せ度が高いという結果になりました。この結果からもコーヒーは飲んでいるときだけではなくて、挽くとき、淹れるときも楽しむことができるのです。

手間はかかりますが、ぜひ自分でコーヒーを挽くことで、コーヒーのアロマを感じていただき、もっとコーヒーを楽しんでほしいと思います!

コーヒーミルと幸せ度に関するアンケートの結果

コーヒーを挽くという作業はコーヒーをより楽しむ作業

コーヒーミル、グラインダーとは?

さて、具体的に話に入っていきたいと思います。まずはコーヒーミル、グラインダーという言葉について説明したいと思います。この両者の意味に大きな違いはありません。元来ミルという言葉の意味は物を砕くという意味。しかしコーヒーにおいて挽くという操作は抽出効率を高めるために単に砕くだけでなく、均一化することが重要です。そのため、均一にならすという意味が含まれているグラインドという言葉を業界では使います。ミルとグラインダーでは目指していることが違うという具合でしょうか?この文書の中では以下、グラインダーに統一します。

グラインダーの種類

1.ブレードグラインダー(プロペラ式)

搭載されているプロペラ上の歯を回転させることで歯の打撃により粉砕を行うグラインダーです。電動式のミルの中では一番安価ですが、粒度の均一性等の粉砕能力に欠けるといわれています。雑味の原因となる微粉が発生しやすいといわれています。

ブレードグラインダーの構造

2.コニカルカッター

片方の歯が円錐状になっており、固定された歯と回転する円錐状の歯の間をコーヒー豆が通ることで粉砕します。歯と歯の間を通ることで豆を粉砕しますので、隙間の距離を調整することで挽き目の調整をします。

コニカルカッターの構造

3.フラットカッター(フラットディスク)

向かい合ったー対の平面の歯の間に入ったコーヒー豆を粉砕します。このタイプも歯と歯の間隔で挽き目の調整を行います。

フラットカッターの構造

4.ロールグラインダー

歯がついた2本のバーの間を豆が通過するときに粉砕するグラインダーです。4つのタイプの中で最も粒度の均一性が高く(粒揃いが良い)、粉砕速度(時間粉砕量)も多いです。

ロールグラインダーの構造

挽いた豆の均一性だけを考えるとロールグラインダーが最も優秀なのですが、ここで重要になるのは挽きたてを提供できるかという問題。確かにロールグラインダーは均一性には優れていますが、工業用の製品であるため、コーヒーショップに置くことが難しいです。そこで均一性では劣りますが、携帯性や実用性を考えて、コニカルカッターやフラットカッタータイプのグラインダーが使用されているということです。いまのコーヒーショップのグラインダーのほとんどがこの2つのどちらかになります。

グラインダーの選び方

ここまでグラインダーの種類を説明してきましたが、ここから選び方になります。グラインダーは目的に合わせて種類を選びましょう。

自分で挽きたい!気軽に挽きたてコーヒーを淹れてみたい!

これから始めたいという方にオススメなのは、
ブレードグラインダーです。

これから始めたいという方にオススメなのは、ブレードグラインダーです。
ブレードグラインダー式は四つの種類の中で最も構造が簡素なため、比較的安価なグラインダーが多いです。なので、まずは扱いやすいブレードグラインダーでコーヒーを楽しみましょう!

ブレードグラインダーはこんな方におすすめ!

挽いたときに出るコーヒーアロマの豊潤さや自分で最適な味を探す楽しさをぜひ体感してください!挽き目でこんなに味わいが変わるのかとびっくりしますよ!

ブレードグラインダーの特長
  • 最も構造が簡素なため、比較的安価なグラインダーが多い
  • 他のグラインダーと比べ小さいものが多い
ブレードグラインダーの特長

もっと本格的に!エスプレッソも楽しみたい

ブレードグラインダーでは、挽き目の微調節が難しいことと雑味の原因となる微粉が発生しやすいため、もっとクオリティの高いコーヒーを飲もうと思うと、コニカルカッター式やフラットカッター式のグラインダーが必要になります。

ご使用するシーンに合わせて、コニカルカッター式や
フラットカッター式のグラインダーを選びましょう!

コニカルカッターやフラットカッターの特長
  • 歯と歯の間隔で挽き目を調整するため、細かい調整が可能
  • ブレードグラインダーと比べると、微粉が発生しにくい
コニカルカッターやフラットカッターの特長
コニカルカッター式とフラットカッター式のグラインダー

コニカルカッター式とフラットカッター式のグラインダーはどちらがいいのかと言いますと、どちらがよいか一概には言えません。一般的にフラットカッター式の方が、粒度の均一性が高いと言われていますが、刃の構造、材質や使用するモーターの性能によって変わってくるため一概には言えないです。

挽き目の設定段階数

こだわりが進むと、あとすこし細く挽いてコクを出したいや、粗く挽いて苦味を抑えたいと思うことがあります。そしてひと目盛り変えただけでも大きく味が変わっていきます。そのため設定できる段階数が多ければ多いほど微妙な調整が出来ます。業務用のグラインダーの多くは無制限で挽き目の設定できるようになっています。

メリタ製品のラインナップ

タイプ ブレード
(プロペラ式)
コニカルカッター フラットカッター
(フラットディスク)
製品 メリタ電動コーヒーミル
メリタ電動
コーヒーミル

商品の詳細はこちら
Vario-E
Vario-E
商品の詳細はこちら
Vario-V
Vario-V
商品の詳細はこちら
パーフェクトタッチⅡ
パーフェクト
タッチⅡ

商品の詳細はこちら
挽き目の設定段階数 手動 40段階 40段階 4段階

みなさんにはぜひお気に入りのグラインダーを見つけて、
充実したコーヒーライフを楽しんでください!

いかがだったでしょうか?これまで判断基準がわからなかったグラインダーがすこしわかってきたでしょうか。単純にこのグラインダーがよいと紹介できないからこそ、ぜひいろんなグラインダーを比較検討して自分にあったグラインダーを見つけてください!みなさんにはぜひお気に入りのグラインダーを見つけて、充実したコーヒーライフを楽しんでください!

コーヒーを楽しむTOPへ