メリタ

menu

桜と甘酒の和風ベイクドチーズケーキ

桜と甘酒の和風ベイクドチーズケーキ

桜の季節にピッタリな、甘酒と桜の花や葉を使って和風に仕上げた、珍しいベイクドチーズケーキのご紹介です。
甘酒は健康や美容に良いと最近では人気も高く、甘酒を生地に混ぜることでグッと和の風味が引き立ちます。
また、レシピの生地は米粉を使用しますし、土台にクラッカーを敷かなければ小麦粉アレルギーの方にもおいしく食べていただけます。
桜の葉を生地に入れ最後に花を載せて焼き上げる、味も見た目も桜満開なスイーツです。お花見のお供に、春らしいスイーツをプラスしてお出かけください♪

桜と甘酒の和風ベイクドチーズケーキ

調理時間 40分

人数 約20.9×16.5×3cmのバット1台分

材料

クラッカー(あればグラハムビスケット)80g
無塩バター40g
クリームチーズ150g
桜の葉の塩漬け3~4枚
桜の花の塩漬け6個
1個
甘酒(濃縮タイプ)300g
米粉大さじ4

作り方

下準備

バットにバター(分量外)をぬり、米粉(分量外)を薄くまぶしておく。
桜の葉と桜の花は水につけて2~3回水を変え、塩抜きする。
トースターを温める。クリームチーズは常温に戻すか、電子レンジ(600W)で20秒加熱して柔らかくする。

1. クラッカーをビニール袋に入れて、麺棒などで細かく砕く。バターを耐熱容器に入れて電子レンジ(600W)で30秒加熱し、袋に加えてよくもみ混ぜたら、バットの底に敷き詰め、冷蔵庫で冷やす。

2. 桜の葉は水分をしっかりふき取りみじん切りにする。クリームチーズをボウルに入れ、ゴムベラで柔らかくなるまで練り混ぜ、卵、甘酒、桜の葉、米粉の順に加え、泡立て器で都度よく混ぜる。

3. 下準備したバットに2を注ぎ入れ、桜の花を飾る。温めたオーブントースター(1000w)で15分焼く。

Tips

土台にビスケットをしかなければ、小麦粉アレルギーの方にもOK。

クリームチーズに甘酒、桜の葉を刻んで混ぜた、桜が香る和風チーズケーキ。甘酒と米粉の効果でしっとりなめらかな仕上がりです。浅煎りのコーヒーと一緒にどうぞ。

ステンレスキャニスター<さくら>のご紹介

日本の春の代名詞と言えば、なんといっても【桜】です。
咲き誇るその様子は誰もが心を奪われ、その美しさに魅了されます。

そんな桜ですが、美しい花だけではなく、木材も役に立つのを御存じですか?
桜の木は頑丈で、耐水性が高く、木材特有の調湿機能を発揮できることにメリタジャパンは着目し、フタに日本のヤマザクラを使用した、内部の湿度をコントロールできるコーヒーキャニスターを作りました。

調湿機能だけではなく、見ても触れても温もりが感じられ、美しい木目を活かしたナチュラルなインテリアとしてもお楽しみいただけます。新生活のプレゼントにされてみてはいかがでしょうか?

ステンレスキャニスター<さくら>商品情報へ

コーヒーのおいしい淹れ方と楽しみ方 おすすめコンテンツ