メリタ

menu

よくあるご質問

修理依頼の手順について

メリタ製品でお困りのお客さまは、このページをご覧ください。

コーヒーメーカー用のポットの購入方法は?

交換用部品のご購入についてをご覧ください。

通電しない。スイッチランプがつかない。

症状をお書き添えのうえ、弊社にお送りください。詳しくは修理依頼の手順についてをご覧ください。

コーヒーメーカーのお湯が出ない。

お湯が沸騰するようなボコボコという音がなっていてお湯が出ない場合。

水垢や異物が溜まっている可能性がありますので清掃してください。
弊社製品のコーヒーメーカークリーナーでコーヒーメーカーを洗浄していただくか、もしくは下記の方法で水垢を取り除いてください。

(1)お酢を水で5倍に薄めたものを水槽一杯に入れます。(例:5杯用なら5の目盛まで)
(2)ポットとフィルターを本体にセットし、コーヒー粉とペーパーをセットしないでスイッチを入れます。
(3)コーヒーメーカーの最大杯数分の半分(例:5杯用なら約3杯分目)までお湯が出てきましたら一旦スイッチを切ります。
(4)しばらくしたら再度スイッチを入れ、残りの水を抽出します。ポットに出たお湯を捨て、水槽に水を入れて再度抽出してください。お酢の臭いがしなくなるまで5の手順を繰り返してください。
(5)ポットに出たお湯を捨て、水槽に水を入れて再度抽出してください。お酢の臭いがしなくなるまで5の手順を繰り返してください。
(6)お酢の臭いがしなくなるまで(5)の手順を繰り返してください。

異物が詰まっている場合。

メリタコーヒーメーカーには水槽(最初に水を入れる箇所)の下に逆止弁という水の逆流を防ぐ弁がついています。この弁の所にほこりなど異物が詰まるとボールが栓の役目をしてしまう症状が起こります。
水槽に少量の水を入れ、竹串など細いもので逆止弁のボールを浮かすようにつついてみてください。
水ボコボコと泡が出てきましたらボールが浮いた証拠です。

スイッチが入っているのに、音も鳴らずにお湯が出ない場合。

症状をお書き添えのうえ、弊社にお送りください。詳しくは修理依頼の手順についてをご覧ください。

コーヒーがぬるい。

特に冬はポット自体が外気で冷たくなっているため、個人にとってはぬるく感じてしまうことがあります。事前にポットやコーヒーカップをお湯ですすいで、内部を温めておくと、美味しくいただけます。

フィルターペーパーの保存方法は?

フィルターペーパーは紙製ですので、外気に合わせて呼吸します。できるだけ涼しい気温変化の少ない場所で、周囲に臭いのするものを置かない様にして商品パッケージに入れて保存してください。

保証書に購入日などの記載がない。

ご購入日のわかるレシート、発注書、請求書、インターネット販売している販売店からの注文に関するメールの写しなどご購入日の証明できるものがありましたら、保証書の代わりとなります。
証明するものがない場合は保証期間内でも有償請求とさせていただく場合がございます。
贈呈などの場合はメリタジャパン カスタマーサービスセンターにお問い合わせください。

また、 ご購入いただいたお店がご不明の場合や、転居されたりご贈答品でお店での部品・消耗品のご購入が困難な場合も、メリタ カスタマーサービスセンターまでお問い合わせください。

落としたわけではないのに、ガラス製保温ポットが急に割れた。何故か?

弊社のガラス製の保温ポット(JCM-512、JCM-555の保温ポット)は、強化ガラスではなく、耐熱ガラスです。保温ポットの内部に手を入れて硬いブラシなどでガラス部分を洗浄したり、氷を入れてしまいますと、傷となりその傷を起点とし割れやすくなります。
尚、ポットは保証対象外となっております。破損された場合は保証期間内の場合でもポットをご購入ください。
交換用部品のご購入について

お問い合わせ

よくあるご質問をご覧になって解決しない場合は「メリタ カスタマーサービスセンター」にお電話いただくか、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

メリタジャパン カスタマーサービスセンター:
0120-33-0212(フリーダイヤル)

携帯電話・PHS・IP電話・公衆電話からおかけになる場合は 03-5836-2727
受付日時:平日9:00~12:00 13:00~16:00 (土日・祝日・年末年始を除く)

※2018年5月14日より上記受付時間に変更致しました。

お問い合わせフォーム

※お問い合わせ内容によっては、ご返答できかねる場合がございますので予めご了承ください。