メリタ

menu

毎月 5 名様

コーヒーメーカーの選び方

コーヒー専門メーカーとして、コーヒーメーカーの選び方を紹介します。
ぜひ自分に合ったコーヒーメーカーを見つけてください!

サイズとサーバー(ポット)の種類を選択しましょう!

サイズ

家庭用コーヒーメーカーは大きく分けると5杯用と10杯用に分けることができます。5杯用はコーヒーカップサイズですので、通常マグカップで2杯~3杯分くらいになります。一方10杯用は職場等の大人数でコーヒーを飲む方向けの製品になります。

5杯用と10杯用の大きな違いは使用するコーヒーペーパーのサイズが異なります。一般的に5杯用は「1×2」と言われるタイプ、10杯用は「1×4」のサイズのコーヒーペーパーを使用します。同じコーヒーペーパーの種類であればコーヒーの味わいに違いはありませんので、適したサイズをお選びください。

サイズ 5杯用 10杯用
杯数 コーヒーカップ(125mL):5杯
マグカップ:2~3杯
コーヒーカップ(125mL):10杯
マグカップ:5~6杯
アイスコーヒーを作りやすい大きさ
コーヒーペーパー 「1×2」サイズ 「1×4」サイズ

ちなみにメリタでは「1×4」のサイズに最上位のコーヒーフィルター「グルメ」をご用意しております。コーヒーペーパーが変わるだけで味わいが変わりますので、10杯用のコーヒーメーカーをご使用の際はぜひ使ってみてください!

サーバー(ポット)の種類

ステンレスポットタイプかグラスポットタイプかのどちらかを選びます。両者の違いは保温の仕方になります。グラスポットタイプは冷めないように保温し続けるため、熱による香り、味わいの変化が生じます。一方ステンレスポットであれば、抽出後時間が経過しても冷めづらいだけでなく、熱によるコーヒー自体の味の変化も少なくすることができます。ですがその分高価になります。

タイプ グラスポットタイプ ステンレスポットタイプ
材質 ガラス製 ステンレス製
保温の仕方 冷めないように保温し続ける保温ヒーターの熱により香り、味わいの変化が生じる。 抽出後時間が経過しても冷めづらい。
熱によるコーヒー自体の味の変化が少ない。
アイスを直接入れるため、アイスコーヒーを作りやすい。

大人数で飲む場合や常にコーヒーが必要な場合はステンレスポットタイプを使用したほうがよいです。

ご使用するシーンで適切なサイズが変わってきますので、
どんな場所でいつ飲みたいのかに合わせて適切なコーヒーメーカーをお選びください。

コーヒーを淹れる際に注意すべき4つの項目

コーヒーの味わいを決定する条件は
1.コーヒーの使用量、2.水の量、3.水の温度、4.コーヒーの抽出時間です。

各社コーヒーメーカーにおける、条件の違いの有無

1.コーヒーの使用量 差はない
(抽出時に使用者で調整が可能のため)
2.水の量 差はない
(抽出時に使用者で調整が可能のため)
3.水の温度 大きな差はない
(各社沸騰させたお湯を使用する設計になっているため)
4.コーヒーの抽出時間 差が生じる可能性がある
(ペーパーをセットするバスケットに入っている溝、”リブ”やその角度が違うため)

1つ目、2つ目は使用する方で調整が可能です。3つ目の温度は各社沸騰させたお湯を使用する設計になっているので大きな差はないと思います。ただ4つ目の抽出時間に関しては各社変わります。その理由は、ペーパーをセットするバスケットに入っている溝、“リブ”やその角度が違うからです。あまり見ないと思いますが、購入前に各社のバスケット、リブを見てください。かなり異なっていることがわかると思います。

リブとは、ペーパーをセットするバスケットに入っている溝

このリブや角度が抽出時間にどのような影響を与えるかを言いますと、リブが少ないとコーヒーペーパーによるろ過が行われないことになり抽出時間が長くなります。また角度が緩やかになっていると、これも抽出時間が長くなる方向に働きます。抽出時間が長いと苦み成分を抽出しすぎる可能性があります。一方抽出時間が短いと酸味成分が抽出されやすく、酸味の強いコーヒーになってしまいます。要は適切な抽出時間になるように設計されているリブでないと、適切な抽出ができないことになります。コーヒー専門メーカーであるメリタのコーヒーメーカーは、ハンドドリップで培われた技術を搭載されており、理想的な抽出時間になるようにリブやその角度を設計されています。

購入前に各社のバスケット、
コーヒー抽出の心臓部であるリブを見てください!

その他の機能

高温度抽出

抽出時の水温は味合いに大きな影響を与えます。そのため各社「高温度抽出」と大きく謳っています。一般的にコーヒー抽出に適した温度は90~95℃とされています。これはコーヒー豆やその他条件によって変わってきますが、95℃以上のお湯で抽出するとコーヒー成分が抽出されすぎ“過抽出”状態になり苦味が強いコーヒーになります。一方、温度が低いと抽出が少なくなり、酸味が特徴的なコーヒーになります。

適切なコーヒーの量と水量

個人の嗜好やコーヒー豆の特性によって違います。メリタとしては8gのコーヒーに対して、140mLの水を一つの基準としており、そこから調整していただくことをオススメしています。

浄水機能

コーヒーに適している水は“軟水”と言われています。そのため基本的に日本の水道水はコーヒー抽出に適しているといえます。さらにもう一段階味わいを上げるために浄水フィルターの使用を推奨しています。

デザイン性

コーヒーメーカーは重要なインテリアの一つだと思います。各社さまざまなデザインや色のコーヒーメーカーを出しています!

ミル付き全自動コーヒーメーカーを選ぶ時のポイントは2つ

ここ数年、ミル付きの全自動コーヒーメーカーが人気を集めています。挽きたて、淹れたてのコーヒーを家で楽しめるということで年々出荷台数が増加しています。そんな全自動コーヒーメーカーを見極めるポイントを紹介します。

コニカル式かフラットディスク式のグラインダーを選ぼう

グラインダーの種類はコニカル式かフラットディスク式のコーヒーメーカーを選んでください。グラインダーの種類で、挽き目が一定なのかが大きく変わります。挽き目というのは挽いたコーヒーの粒の大きさのこと。この挽き目が大きいものから小さいものまでいろいろあっては、抽出率が変わってしまうため、良くありません。

良いグラインダーは、挽き目が一定できれいです。良いグラインダーかどうかを見極めるポイントとして一番初めに確認するポイントがグラインダーの構造です。コニカル式、フラットディスク式というのはグラインダーの構造のことを言っており、両方とも業務用でも使用されています。どちらの構造でも構いませんので、どちらかのグラインダーが搭載されているモデルを選んでください。
グラインダー種類の解説はこちら

コーヒー粉の通り道を清掃できるか確認しておこう

全自動コーヒーメーカーの主な故障の原因は、コーヒーの粉が通路に詰まってしまうことだと思います。グラインダーからお湯がかかる部分の間の通路が特に詰まりやすいです。そのためその部分が清掃しやすいか確認してください。清掃することができれば、長くコーヒーメーカーを使用することができます。

メリタ製品のラインナップ

全自動コーヒーメーカー

グラスポットタイプ

ステンレスポットタイプ

ポッドタイプ

ご使用するシーンで適切なサイズが変わってきますので、
どんな場所でいつ飲みたいのかに合わせて適切なコーヒーメーカーをお選びください。

いかがでしょうか?これまではどれも同じように見えていたコーヒーメーカーもすこし違いが見えてきたのではないでしょうか?各社おいしいコーヒーを届けるためにいろんな工夫をしていますので、ぜひいろいろみていただき、自分に合った最高のコーヒーメーカーを見つけてください!